ふきのとうと桜えびのかき揚げそば

ふきのとうのかき揚げそば

春を代表する山菜といえば、淡い緑がかわいらしいふきのとうではないでしょうか。小さなつぼみのほろ苦さを口にすると、春がもうすぐなのを感じます。

ほろ苦さは新陳代謝を促す効果もあるそうで、からだが冬から春へかわるのを手伝ってくれるのでしょう。春先の山菜たちは油と相性がよいので、シンプルな天ぷらだけでなく、かき揚げでもお楽しみください。

材料(2人前)

材料

  • ふきのとう…4~5個
  • 乾燥桜えび…5g
  • スナップエンドウ…4本
  • 片栗粉…大さじ1/2
  • 小麦粉…大さじ2と1/2
  • 冷水…大さじ3
  • 揚げ油…適宜
  • 長芋(直径5cmくらいのもの)…10cm
  • そば(乾麺)…160~200g
  • 水…550cc
  • 昆布…10cm
  • かつお節…10g
  • しょうゆ、みりん…各65cc
  • アカキャベツのスプラウト…少々
  • 塩…少々

作り方

1.そばつゆをつくる

そばつゆ

鍋に水500ccと昆布をいれて弱火にかけ、煮立ちそうになったら昆布を取り出し、そのまま1~2分沸騰させます。

火を止めて水50ccを加え、さらにかつお節も加え、1~2分経ったらかつお節をこします。取った出汁にしょうゆとみりんを加えて火にかけ、煮立ったら火を止めておきます。

2.長芋をたたく

長芋

長芋は皮をむき、ラップやビニール袋に包んですりこぎで細かくなるまで叩いておきます。

3.スナップエンドウとスプラウトの下準備をする

スナップエンドウ

スナップエンドウは洗って水気をふきとり、筋をとっておきます。スプラウトはあとで飾りに使いやすいように、切り取らずスポンジのまま洗い水を切っておきます。

4.かき揚げの準備をする

ふきのとう

ふきのとうは茎や外側の葉の汚れたところを掃除し、縦に4つ割にし、桜えびとボールにいれ、片栗粉を全体にまぶしておきます。

かき揚げ準備

5.そばをゆでる

そば

熱湯でそばをゆで、よく冷水で洗いザルにあげておきます。(※かき揚げの準備をする前にお湯を沸かしておくと段取りがスムーズです。)

6.かき揚げとスナップエンドウを揚げる

揚げる前のかき揚げ

フライパンに2cm深さくらいの揚げ油を熱します。冷水に小麦粉を加えて菜箸で切るように1、2回さっくりと混ぜ、ふきのとうと桜えびを加えたらさらにざっと混ぜあわせます。

油が170度くらい(衣を落としたらすぐ上がってくる)になったら、浅いお玉や大きめのスプーンで4等分にしたかき揚げの具に油のなかに静かに入れていきます。

固まってきたらフライ返しなどを使い反対側も揚げます。途中スナップエンドウも一緒にあげ、軽く塩をふっておきます。かき揚げが、固く軽くなったらできあがりですので、上げて油を切っておきます。

7.仕上げ

器にそばを盛り、かき揚げ、長芋、スナップエンドウを盛りつけ、温めたそばつゆを注ぎます。スプラウトを天盛りに飾ります。

ワンポイントアドバイス

  • 4月も近づくと暖かい日も多くなりますので、おそばは冷たく、おつゆは温かくしました。
  • ふきのとうだけでなく、油と相性のよい春の山菜でもおためしください。たらの芽、こごみ、菜の花や根三つ葉をげてもおいしいですよ。
  • ふきのとうは切るとアクですぐ変色してしまうので、揚げる直前に切りましょう。
  • かき揚げは、あまり触るとくずれてしまうので、衣がしっかりとくっつくまで、触らないようにしましょう。散ってしまった具は、衣が固まらないうちにそっと中央へ寄せるようにしてください。
  • 天盛りにアカキャベツのスプラウトを使いましたが、季節の野菜の浜防風(ハマボウフウ)や芽じそ、かいわれ大根などでも結構です。

関連記事

return top