麺類

真鯛のラグースパゲッティ

ラグーとは、イタリア語で肉や魚などを煮込んだものを言うそうです。

このスパゲッティは、晩秋~春頃に旬を迎える真鯛をトマトとブラックオリーブといっしょに軽く煮込み、ソースにしました。

煮込みといっても白身魚なので、春のように軽い味わいのパスタです。

材料(2人分)
  • 鯛の切り身…1柵
  • ミニトマト…8個
  • ブラックオリーブ…8個
  • EXヴァージンオリーブオイル…大さじ1
  • ニンニク…ひとかけ
  • パスタ(スパゲッティー二)…160g
  • 塩…パスタをゆでるお湯の1%程度
  • 唐辛子…1本
  • 水…100cc
  • 塩…少々
  • こしょう…少々
  • 水菜…少々

【栄養成分(1人分)】
エネルギー:247kcal たんぱく質:25.9g 脂質:13.8g 炭水化物:62.5g 食塩相当量:0.3g

作り方

1.材料を切る

切った鯛と野菜

鯛は皮目のほうから、お刺身よりやや厚めのそぎ切りにします。

ヘタを取ったミニトマト、ブラックオリーブは横半分、水菜は5cmに切り、水に浸してシャキッとさせます。

ニンニクは包丁の腹でつぶします。

2.鯛を焼く

鯛を焼く

鯛は焼く直前に軽く塩・こしょうします。

フライパンにニンニクとオリーブオイルを入れて弱火にかけ、香りが出てきたら鯛を片面ずつ、焼き色がつくように焼きます。

ニンニクは焦げるようなら、一度取り出し、煮込むときに戻します。

3.ミニトマトとブラックオリーブを加える

鯛とトマトとオリーブ

2のフライパンに、ミニトマト、ブラックオリーブを加えてさっと炒め、水と唐辛子を入れて煮立て、弱めの中火で煮つめていきます。

フライパンの底に少し水分が残るくらいに煮詰まってきたら、オリーブオイルを加え、フライパンをふって全体をあわせます。

味見をして塩分が薄いようなら、塩少々を加え、こしょうも加えて火を止めます。

4.パスタをゆでてソースとあえる

鍋にたっぷりのお湯を沸かして塩を加え、ソースを煮込みはじめたタイミングでスパゲッティをゆではじめます。

パスタがゆで上がったら3のソースに加え、全体を混ぜあわせます。

6.仕上げ

パスタをうつわに盛り、水菜を飾ります。

  • 鯛は煮込んで少し身が崩れても、パスタとよくからむので大丈夫です。
  • ソースは水分を煮つめすぎると、パスタと混ぜたときボソボソになってしまうので、水分をちゃんと残しておきましょう。
  • パスタと混ぜて塩分が足りないときは、ゆで汁で味を調節します。
  • 水菜を使いましたが、イタリアンパセリや普通のパセリでもOKです。