副菜

塩さばと長ねぎの南蛮漬け

塩さばはおいしいさばを水揚げ後すぐ調理したものなので、いつでも鮮度と味が安定していているのが特徴です。

いつでも手に入り、冷凍庫にストックしておけるのも便利ですね。

焼いて食べるだけでももちろんおいしい塩さばですが、冬に甘くおいしい長ねぎをたっぷりあわせ、さっぱり食べられる南蛮漬けにしました。

材料(2人分)
  • 塩さば … 1枚(半身)
  • 小麦粉 … 適宜
  • サラダ油 … 大さじ1
  • 長ねぎ … 1/2本
  • しょうが … 1かけ
  • とうがらし … 1本
  • 水 … 3/4カップ
  • ポン酢 … 1/4本
  • 三温糖 … 小さじ1

作り方

1.長ねぎとしょうがを切る

長ねぎは斜め薄切り、しょうがは千切りにします。

2.とうがらしを切る

とうがらしは半分に割って種をとり、輪切りにします(辛いのが苦手な場合は2つ割りに)。

3.塩さばを切る

塩さばは4cm位の巾のそぎ切りにします。

4.つけダレをつくる

長ねぎ、しょうが、とうがらしに、水、ポン酢、三温糖をあわせ、よく混ぜておきます。

5.塩さばに小麦粉をまぶす

3の両面にしっかりと小麦粉をまぶします。

6.塩さばを焼く

フライパンを中火で熱してサラダ油を入れ、塩さばを皮目から軽く焼き色がつくように焼きます。

7. 仕上げ

6を3に移して2〜3時間漬け、7をうつわに盛ってつけダレをまわしかけます。

  • 南蛮漬けのタレは、塩さばから塩分が出ることを考え薄めにしています。2〜3時間ゆっくりつけて、味をなじませます。
  • 長ねぎの甘さを楽しみたい場合は、筒切りにしてフライパンなどで焼きめをつけて、漬け込んでもおいしいですよ。
  • にんじんやパプリカ、ピーマンなどの千切りを加えれば、彩りが楽しくなり、お子さんにも喜ばれるでしょう。