主菜

新玉ねぎのフレンチマスタードフライ

甘くてやわらかい新玉ねぎは、春だけしか食べられません!

切ったときに涙を出させる成分の硫化アリルは新陳代謝を促し、血液をサラサラにする効果もあるので、日々の料理にたっぷり取り入れたいですね。

フライは素材の味が活きるシンプルな料理ですが、この衣は新玉ねぎの甘さをより引き立て、ソースなどの調味料がなくてもたくさん食べられます。

材料(2人分)
  • 新玉ねぎ … 大1コ
  • 小麦粉 … 大さじ4
  • 水 … 大さじ3
  • フレンチマスタード … 大さじ1
  • 塩 … 小さじ1/2
  • 小麦粉 … 適宜(玉ねぎにまぶす用)
  • パン粉 ・揚げ油 …各 適宜
  • 竹串または楊枝 … 6〜8本

【栄養成分(1人分)】
エネルギー:93kcal たんぱく質:3.9g 脂質7.4g炭水化物:6.1g 食塩相当量:0.7g

作り方

1.玉ねぎを切る

玉ねぎは皮をむき、根っこの側はバラバラにならないように浅く、頭は茶色いところを切り落とします。タテに6~8つ切りに、揚げた時バラバラにならないよう楊枝か竹串を刺します。

2.フライの衣を準備する

ボールにフレンチマスタード、塩、小麦粉を入れ、水を少しずつ加えて混ぜあわせます。お皿やバットにパン粉を用意します。

3.玉ねぎに衣をつける

玉ねぎに小麦粉を薄くまぶしてから、玉ねぎに小麦粉の衣、そしてパン粉をまんべんなくつけます。

4.油で揚げる

揚げ油を180℃に熱し、玉ねぎを2〜3分、衣に軽く色がつくまで揚げます。きれいなきつね色に揚がったらキッチンペーパーなどにとり完成です。

  • 新玉ねぎは水分が多く、やわらかいので早く火が通ります。
  • フライの衣をつける前に、玉ねぎに小麦粉を薄くつけておくと、揚げるときに衣がはがれにくくなります。調理用の刷毛を使うと、キレイにつきます。
  • 楊枝があって小麦粉の衣がつけにくいときは、スプーンでかけるとムラなくつきます。
  • 衣にマスタードの風味と塩分が入ることで、調味料がなくてもそのまま食べられます。