主菜

れんこんがんも

もっちりシャキシャキ食感のれんこんで、がんもどき風の豆腐をはさみました。

食べごたえのある一品ですが、木綿豆腐をはさんでいるので、たんぱく質やカルシウムがたっぷり&ヘルシー!

甘辛い味つけなのでごはんのおかずにもぴったりです。

材料(2人分)
  • れんこん … 約200g
  • 木綿豆腐 … 1丁(300g)
  • 芽ひじき … 大さじ1
  • にんじん … 20g
  • 片栗粉 … 適宜
  • サラダ油 … 大さじ2
  • 水 … 大さじ2
  • 酒・みりん・三温糖 … 各大さじ1
  • しょうゆ … 大さじ2

作り方

1.豆腐を水切りする

豆腐はキッチンペーパーでつつみ、重石をのせて30分ほどかけ、しっかり水気を切っておきます。

2.具材を用意する

ひじきは15分ほど水に浸して戻し、ザルにあげておきます。長ければ2cmほどに切っておきます。にんじんも2cmの千切りにします。

3.豆腐と具材をまぜる

すり鉢に水切りした豆腐を入れ、粗くつぶしてから滑らかにすり、2の具材を混ぜあわせます。手のひらにサラダ油(分量外)を少しぬり、6〜8等分の丸い形にまとめます。

4.れんこんに豆腐をはさむ

れんこんは皮をむいて、5mmほどの厚さに切り、バットにならべて片面にだけ軽く片栗粉をふり、3の豆腐を2枚のれんこんでくっつくようにしっかりはさみ、側面もきれいに整えます。

5.4を焼く

フライパンにサラダ油を中火で熱し、4を焼きます。片面に焼き目がついたら返してフタをし、もう片面もフタをしながら焼き色をつけます。

6.仕上げ

フライパンの火を弱め、水、酒、みりん、三温糖、しょうゆを入れ、煮詰めながられんこんに調味料をからめます。

  • れんこんはあまり厚く切ると火が通るのに時間がかかりますが、あまり薄いと歯触りを楽しめないので、5mm程度の厚さがおすすめです。
  • れんこんの太さによって切った枚数が変わってくるので、あわせてはさむ豆腐の量も調節してください。
  • 豆腐にひじきとにんじんを混ぜましたが、さやいんげんなどの緑の野菜や銀杏など、お好きな野菜でどうぞ!
  • 大きく切るとまとまらないので、小さく切って豆腐に混ぜこんでください。