麺類

にらと干しえびの焼きビーフン

うるち米が原料のビーフンは、中国や台湾をはじめアジアで広く親しまれている麺のひとつです。

焼きビーフンは、炒めながら素材から出るスープを麺にたっぷり吸わせるところがポイント。

春に種をまき、夏前に一番やわらかく香りもよくなるにらと、芳ばしく食感のアクセントになる干し桜えびを使いました。

材料(2人分)
  • にら … 1/2把(約50g)
  • 玉ねぎ 1/2
  • 干しえび … 約大さじ3
  • 干ししいたけ … 3コ
  • ビーフン … 90〜100g
  • 水 … 1カップ
  • サラダ油 …大さじ2
  • 酒 … 大さじ2
  • しょうゆ … 大さじ1
  • 塩 … 小さじ1
  • こしょう … 少々
  • ごま油 … 小さじ1

作り方

1.干ししいたけを戻す

干ししいたけは1カップの水に30分以上浸し、芯までやわかく戻します。

2.ビーフンを戻す

鍋に水を沸騰させ、火を消してビーフンを入れ、そのまま2〜3分置いて戻しザルにあげておきます。

3.野菜を切る

にらは5cm長さ、玉ねぎは繊維にそって薄切り、干ししいたけは水気をしぼり薄切りにします。干ししいたけの戻し汁は取っておきます。

4.野菜を炒める

フライパンにサラダ油を熱し、干ししいたけと玉ねぎを炒めます。

しいたけの戻し汁、酒、しょうゆ、塩を加え、煮立ったらビーフンを入れ、時々混ぜながら汁気が少なくなるまで火にかけます。

5.にらと干しえびを加える

4ににら、干しえびを加ええ、軽く混ぜあわせます。干しえびを最後に入れるのは、カリカリした食感と香りを残すためです。

6.仕上げ

汁気がほとんどなくなったら、こしょうをし、ごま油をまわしかけ、ひと混ぜしてお皿にとります。

  • にらもビーフンも、炒め過ぎて、やわらかくなり過ぎないようにしましょう。
  • 中華の干しえびを使う場合は、干ししいたけといっしょに水で戻し、香りを出すためはじめに炒めます。
  • にんじん、ビーマン、キャベツやもやしなど、季節によりお好きな野菜でどうぞ!