麺類

九条ねぎとあさりの焼きそば

あさりとねぎの焼きそば

冬の間に甘みが増しておいしくなる、京の伝統野菜の九条ねぎと、春に旬を迎える旨みと栄養がたっぷりのあさりをつかった、シンプルな焼きそばです。

あさりの出汁をたっぷり吸った、麺のおいしさを味わってください。

材料(2人分)

  • 九条ねぎ…4~5本
  • あさり…200g(カラ付)
  • 蒸し焼きそば…2玉
  • にんにく…一片
  • しょうが…にんにくと同量
  • 紹興酒(または日本酒)…50cc
  • 水…150cc
  • サラダオイル…大さじ1
  • しょうゆ…小さじ1
  • 三温糖…小さじ1/2
  • 塩…小さじ1/4
  • こしょう…適宜

作り方

1.あさりの砂出しをする

あさりの砂出し

あさりは海水程度の塩水(分量外)に、1時間ほど浸して砂出しし、水の中でこすり合わせてよく洗いザルにあげておきます。

2.野菜を切る

切ったねぎ

九条ねぎは小口から2cm長さに、にんにくとしょうがは太めの千切りにします。

3.麺に焼きめをつける

焼き目をつけたそば

鍋にお湯を沸かし、火を止めて麺をビニール袋のまま1分ほどお湯につけます。冷蔵庫で冷えて固まっていた麺がやわらかくなります。

麺をほぐしながらフライパンに広げて中火にかけ、両面に焼き色をつけます。麺に油がついているので、フライパンに油は敷きません。

4.あさりを蒸す

蒸したあさり

フライパンにあさりと水、紹興酒を入れ、フタをして強火にかけ、だいたい口が開いたらあさりをザルにとります。

蒸したあさり

蒸し汁100ccにこしょう以外の調味料をあわせておきます。

5.材料を炒める

炒める

フライパンを熱してサラダオイルを入れ、にんにくとしょうがを炒めて香りをだします。合わせ調味料を入れ、煮立ってきたら麺を入れて炒め、汁気が少なくなってきたらあさりを加えて混ぜ合わせます。

6.仕上げ

汁気がほとんどなくなってきたら、九条ねぎの白い部分を加えて炒め、最後に青い部分を加え、さっと混ぜたらこしょうをふります。

ワンポイントアドバイス

  • 焼きそばはよく焼きめをつけると、香ばしさが残ります。
  • あさりは麺と炒めるときにも火が通るので、蒸しすぎないようにしましょう。
  • 材料を炒めすぎずないためにも、調味料は前もってあわせておきます。
  • 九条ねぎがない場合は、わけぎなどの細ねぎをお使いください。