副菜

赤かぶと柚子の即席漬け

かぶは冬が旬、甘みも一段と増す野菜です。それは白いものだけでなく、赤かぶでもおなじ。

固そうに見える赤かぶですが、水分が豊富なので、浅漬けにするとすぐしんなり食べやすくなります。

柚子の果汁が赤い色をより鮮やかにし、柚子の皮の色、大葉のみどりで、色鮮やかな漬物です。

材料(2人分)
  • 赤かぶ…1/2コ(約200g)
  • 柚子…1/2コ
  • 大葉…2枚(またはかぶ、大根の葉少々)
  • 塩…小さじ1

【栄養成分(1人分)】
エネルギー:93kcal たんぱく質:3.9g 脂質7.4g炭水化物:6.1g 食塩相当量:0.7g

作り方

1.赤かぶを切る

かぶはタテ半分に切り、2〜3ミリ厚さの銀杏切りにします。

2.柚子の皮を切る

柚子は皮の黄色いところだけを薄くそいで千切りにします。

3.大葉を切る

大葉はタテ半分に切り、太めの千切りにします。

4.材料をあわせる

ボールにかぶ、柚子の皮と、大葉、皮をむいた柚子のしぼり汁、塩をあわせて手で混ぜあわせ、重石をして30分ほどおきます。

5.仕上げ

彩りよくうつわに盛ります。

  • 普通のかぶや大根でつくってもおいしくできます。にんじんやきゅうりなど、お好きな野菜をお使いください。
  • 柚子のかわりにレモンや季節の柑橘類、みかんの皮もよい香りですよ。