未分類

タラと大根のさっと煮

冬に手に入りやすくリーズナブルな食材、タラと大根でつくるおかずです。

フライパンでさっとでき、大皿に盛ればとても豪華!

プリプリのタラと歯ざわりを残した大根は食べごたがあり、素材の焼き目が煮汁にとけ出し食欲をそそる飴色になります。

彩りの大根の葉もお忘れなく。

材料(2人分)
  • 大根…約250g
  • 甘塩タラ…2切れ
  • 塩…適宜
  • こしょう…少々
  • 小麦粉…適宜
  • サラダ油…大さじ1.5
  • 酒…大さじ2
  • 水…1/2カップ
  • しょうゆ…大さじ1
  • 大根の葉…少々

作り方

1.大根を切る

大根は皮をむき、厚さ1cmの半月型に切ります。

2.大根の葉をきざむ

大根の葉は水洗いして汚れを落とし、小口のみじん切りにします。

3.タラの下準備をする

タラはさっと水で洗ってキッチンペーパーで水気をふき、2つにそぎ切りにしておきます。

4.大根をフライパンで焼く

フライパンを熱してサラダ油を入れ、大根を両面焼き色がつくまで焼き、お皿に取り出します。

大根は8分通り火が入るくらいに焼きます。

5.タラに小麦粉をまぶす

タラは軽く塩・こしょうし、しっかりと小麦粉をまぶしておきます。小麦粉が煮汁にとろみをつけるので、あまり薄くなくて大丈夫です。

6.タラを焼く

大根を焼いたフライパンを再び火にかけ、タラを皮目から焼きます。焼き目がついたら返し、大根を戻します。

7.仕上げ

6に酒と水を加えて強めの中火で煮立て、煮汁が少し煮つまり、とろみがついてきたらしょうゆをまわしいれます。

最後に大根の葉をちらし、うつわに盛ったら完成です。

  • 大根にもタラにもちょうど火が入るよう、火をとめるタイミングに気をつけましょう。
  • タラは生ダラでもOKです。タラの種類により塩の量を調節してください。
  • 塩をまったくしないと味がボケてしまうので、塩ダラは塩を控え目にしてください。
  • 今回は和の味つけですが、調味料を変えれば洋風にも中華にも変身します。大根の代わりにカブでもおいしいです。