ごぼうと大豆のから揚げ

大豆とごぼうのからあげ

大豆は ビタミンB1、B2、Eなどが豊富で動物性脂肪によく似ていることから「畑の肉」と言われています。肥満予防、動脈硬化予防、肝臓病にも効果があります。

マクロビオティックでは、動物性食品の代用として大豆製品を良く使用します。今回は、大豆とごぼうなどの野菜を使ったから揚げを作りました。

材料

  • 大豆(水煮)…約100g
  • ごぼう…40g
  • 舞茸…10g
  • にんじん…10g
  • 全粒粉…大さじ4
  • 片栗粉…小さじ1
  • 水…大さじ5弱
  • 柚子こしょう…小さじ1/2
  • 塩…・少々
  • 揚げ油(菜種油)…適宜

ポン酢

  • しょうゆ…大さじ1
  • 米酢…小さじ1
  • カボス(市販)…少々
  • 水…少々

作り方

1.下ごしらえをする

大豆を擦る

大豆は熱湯に入れ5分ほど煮て柔らかくします。柔らかく煮たら熱いうちにすり鉢で大豆を擦り、大豆の食感が少し残る程度の柔らかさにします。

ごぼうは、1度ささがきにしてからみじん切りに、人参はすりおろし、舞茸もみじん切りにしておきます。揚げ衣になる全粒粉と野菜以外の食材をボールに混ぜ合わせておきます。

ポン酢の材料をすべて混ぜ合わせてポン酢を作ります。

2.すりおろした大豆に材料を混ぜる

すり鉢でなめらかになった大豆に野菜を入れ混ぜ合わせます。そこへ全粒粉で作ったペーストを入れさらに混ぜます。

3.揚げる

揚げる

フライパンに揚げ油を用意し、ペーストをスプーンですくい180度の油で何回か面を返しながら7~8分揚げます。皿にサラダを飾り、から揚げを盛り付けます。お好みでポン酢を添えて完成です。

ポイント・コツ

根菜の食感を味わえるレシピです。野菜はごぼう以外にれんこんでもOK!また粉は全粒粉と米粉を1対1で使用するのもおすすめです。

関連記事

return top