副菜

かぶと車麩のあんかけ煮

かぶはビタミンCやカリウム、消化酵素のジアスターゼやアミラーゼが含まれ、胃腸を温めて冷えを和らげる効果があります。

お麩はミネラルが豊富で良質の植物性たんぱく質。かぶと合わせ、ヘルシーで冷めにくいあんかけ煮に仕上げました。

材料(1人分)
  • かぶ…赤、白2個(約200g)
  • 車麩…1枚
  • かぶの茎…少々
  • 昆布だし…300cc
  • 桜えび…5g
  • 片栗粉…大さじ1+昆布だし大さじ2
  • しょうがの絞汁…小さじ1
  • しょうゆ…小さじ2

【栄養成分(1人分)】
エネルギー:143kcal たんぱく質:7.7g 脂質:0.6g 炭水化物:26.5g 食塩相当量:1.7g

作り方

1.下ごしらえをする

かぶは皮付きのまま 縦8等分に切ります。車麩は水に浸し柔らかくし、4等分に切っておきます。昆布だしで片栗粉を溶いておきます。

2.材料を煮る

鍋に昆布だしを入れ 沸騰したらかぶを入れて2分中火で煮ます。途中から車麩としょうがの絞り汁、桜えび1/2を入れ2~3分煮ます。

3.仕上げ

しょうゆを鍋肌から回し入れ、一旦火を止めて出汁で溶かした片栗粉と残りの桜えび、かぶの茎をいれて火をつけます(弱火)。

とろみがつき全体に絡んだら 器に盛り付けます。

かぶは葉にも栄養がたっぷり。油との相性がよいので炒めものにするとカロテンの吸収率がUPします。かぶは丸ごと食べられる野菜です。