副菜

カリカリ揚げのオクラがけ

6〜8月に旬を迎える夏野菜のオクラは、その“ぬめり”がおいしさの特徴です。

ペクチンなどの食物繊維を多く含み、お腹の調子を整えてくれるオクラのぬめりを活かし、カリカリに焼いた油揚げにかけました。

簡単につくれ、レモンの酸味も効いた夏におすすめの副菜です。

材料(2人分)
  • 油揚げ…2枚
  • オクラ…4〜5本
  • レモン汁…小さじ2
  • しょうゆ…大さじ1

作り方

1.オクラをゆでる

オクラは2〜3分ゆで、ヘタの先とガクを落とし薄切りにします。さらに包丁でたたいてねばりを出します。

2.1に味つけをする

1にレモン汁としょうゆを入れ、よく混ぜておきます。

3.油揚げを焼く

油揚げは焼き網やオーブントースターでこんがり色がつくまで焼き、短冊に切ります。

4.仕上げ

お皿に油揚げをのせ、上から2のオクラをかけます。

  • カリカリの食感を楽しめるよう油揚げは最後に焼きましょう。
  • オクラは叩いてしまうので、ゆでる前に塩もみしなくても大丈夫です。