ご飯もの

あじの干物のちらしずし

生の青魚でつくるお寿司は、酢でしめるなど一手間かかりますが、干物ならいつでも気軽につくれます。

アジやカマスなど、脂や生臭みが多すぎない魚の干物とたっぷりの薬味野菜で、見た目も涼しげなちらしずしです。

材料(2~3人分)
  • あじの干物 … 1枚
  • 米 … 1.5合
  • 酢 … 大さじ2
  • 大葉 … 4枚
  • しょうが … ひとかけ
  • みょうが … 2コ
  • きゅうり … 1/2本
  • いりごま … 大さじ1

作り方

1.ごはんを炊く

お米はおすし用にやや水分少なめで炊きます。

2.薬味野菜を切る

大葉、しょうが、みょうがは千切りにして5分ほど水にさらし、水気をよく切っておきます。

3.きゅうりを切る

きゅうりは皮をタテしまにむき、たて半分に切ってスプーンで種をとり、厚さ2〜3mmの薄切りにします。

種をとると水気が出にくくなり、形もおもしろくなります。飾りなのでお好きな形にどうぞ。

4.干物を焼く

干物はグリルでこんがり焼き、骨と皮をとりのぞき、身を大きめにほぐします。

5.ごはんに具をまぜる

大鉢などに炊き上がったごはんを移し、酢をふり入れてまぜ、ごはんが少し冷めたら薬味野菜、いりごまを混ぜ、最後に干物を加えさっと混ぜます。

6.仕上げ

飾りのきゅうりを散らします。

  • さっぱり仕上げるため、寿司酢を使わず米酢を使いました。甘みがほしい場合はすし酢を使ったり、甘酢につけた生姜をきざんで入れてもOKです。
  • 干物は焼いてすぐのほうが、脂分で固くならずほぐすのが簡単です。
  • あまりお酢がきつくないので、冷たいお味噌汁をかければ冷汁感覚でも楽しめます。