主菜

そら豆とえびのガーリック炒め

そら豆とえびのガーリック炒め

ふかふかベッドのなかで大きく育ったそら豆は、ほっこりして豆のお姫様のようですね。つい塩ゆでや含め煮などになってしまいますが、ガーリックを使い、洋風の炒めものにしました。

生のままそら豆を炒めるので簡単、ビールやワインにも合います。

材料(2~3人分)

材料
  • さら豆(さや付きのもの)…400g
  • むきえび…150g
  • にんにく…1/2かけ
  • 白ワイン…大さじ1
  • オリーブオイル…大さじ1
  • 塩…小さじ1/2

作り方

1.下ごしらえをする

下ごしらえ

そら豆はさやから出し、豆の下のほうにナイフで切れ目を入れて皮をむきます。上の固いほうに切れ目を入れるよりも、実を崩さず出すことができます。

むきえび

むきえびはさっと水洗いし、水気を取り、軽く塩をしておきます。にんにくは、みじん切りにしておきます。

2.材料を炒める

炒める

フライパンにオリーブオイルを半分熱し、えびを炒め、色が変わりはじめたら取り出します。

残りのオリーブオイルをフライパンに入れ、にんにくのみじん切りををさっと炒めたら、そら豆を加えて炒め、えびを戻したら白ワイン回し入れ、フタをして1~2分材料に火を通します。

火が通ると、そら豆の緑色が鮮やかに変わります。

3.仕上げ

最後に塩で味を整えたら出来上がりです。

  • ワインがなければ日本酒でも大丈夫です。日本酒で、にんにくにしょうがも加えれば、中華の一品にもなります。
  • 仕上げの段階でゆでたパスタを加え、主食にしてもよいですね!