さんまのしょうが煮

さんまのしょうが煮

秋に旬を迎えるさんまはやっぱり塩焼きが一番ですが、飽きた頃にはしょうが煮も、ごはんのおかずになってよいものです。

さんまの骨が柔らかくなるように梅干しが入っているので、まるごと食べられ、煮詰めているので数日は日持ちがします。しょうがたっぷりなので、寒い夜には体が温まりますね。

材料(2人分)

材料

  • さんま…2尾
  • しょうが…50g
  • 梅干し…大1個
  • 酒、水…各100cc
  • 好みの砂糖…大さじ1と1/2
  • しょうゆ、みりん…各小さじ2

作り方

1.さんまを切って塩を振る

切ったさんま

さんまは洗って、頭と内臓をとり、お腹の中を流水でよく洗います。水気を拭いて3cmの筒切りにし、塩をして20分程置き、臭みを取ります。

2.しょうがを千切りにする

千切りしたしょうが

20分経つのを待っている間に、しょうがを千切りにします。しょうがは洗って汚れているところだけ包丁でそぎ落とし、繊維にそって長さ3cmに千切りにします。

3.秋刀魚を霜降りにする

霜降りしたさんま

お鍋にお湯を沸かしておき、塩を洗い流したさんまをザルに入れ、さっと湯に通して霜降りにし、冷水にとって汚れを洗い、水分を取っておきます。ここでもさんまの臭みが抜けます。

4.さんまを煮る

煮ているさんま

さんまをお鍋にそっと入れ、梅干し、酒、水、砂糖、みりん、しょうゆを入れ、しょうがをのせて火にかけ、沸騰してアクが出たら取り、ホイルなどで落としぶたをして弱火で煮ます。1時間ほどして、煮汁がなくなったらできあがりです。

ワンポイントアドバイス

  • 霜降りにしたさんまの身は、柔らかいのやさしく扱ってください。
  • 梅干しを大さじ1のお酢に替えていただいても結構です。
  • 煮上がってすぐより少し時間を置いたほうが、味が馴染んでおいしくなりますよ。

関連記事

return top