根菜のお花ピクルス

根菜のピクルス

年末年始に活躍した野菜たち、でも中途半端に残ってしまいがち・・・みんな集めてかわいらしいお花のピクルスに変身させましょう!

昆布だしをつかった和テイストのピクルスは、なますの代わりにしたり、焼き物にそえたり、お弁当の口直しと、さっぱりした口当たりで、料理をかわいらしく演出してくれます。

材料

材料

  • 根菜類を数種類(大根、紅くるり[赤大根]、にんじん、黄色いにんじん、レンコンなど)合わせて約700g
  • ディル…1枝

ピクルス液

  • 昆布だし…200cc
  • 酢…45cc
  • 三温糖…20g
  • 塩…小さじ1
  • 黒粒こしょう…小さじ1/2

作り方

1.野菜を型で抜く

型抜きした野菜

野菜はすべて5mmの輪切りにし、花型で抜くか、花切りにします。皮はむかないでも大丈夫です。抜いたあとの部分もいっしょにピクルスにしてもOKです。

2.ピクルス液の材料に火を通す

ピクルス液

ピクルス液の材料をお鍋に入れ、一煮立ちさせ火から下ろしておきます。

3.野菜を湯通しする

湯通しした野菜

鍋にお湯を沸かし、野菜は色の薄いものから、30秒ほど湯通ししていきます。火が入り過ぎると、歯ざわりや色が悪くなるので注意してください。

4.仕上げ

ピクルス液に漬ける

水分をよく切った野菜を、ディルといっしょにピクルス液に漬け、保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。数時間後から食べられます。

ワンポイントアドバイス

  • 初春らしく花形にしましたが、輪切りでもイチョウでも、お好きな形でどうぞ。
  • 色をはっきり分けたい場合は、ピクルス液を分けて漬けてください。
  • 薄味の浅漬けピクルスなので、野菜がみずみずしい数日のうちに召上がってください。
  • 型抜きしたあとの野菜は一緒にピクルスにするほか、ニンニクや玉ねぎといっしょにオリーブオイルで炒め、水やスープストック、トマト缶とミネストローネ風スープにもつかえます。

関連記事

return top