パンプキン大福

かぼちゃ大福

10月はハロウィンの飾りが目につく季節です。この時期にかかせない野菜、かぼちゃを餡にした大福です。ほっこり温かいお茶といっしょに召し上がってください。

材料(5個分)

材料

  • かぼちゃ(皮とワタ、種をとったもの)…正味200g
  • 好みの砂糖…65g

  • 白玉粉…100g
  • 好みの砂糖…30g
  • 水…120cc
  • 片栗粉…適宜
  • シナモンパウダー…少々

作り方

1.かぼちゃ餡をつくる

かぼちゃを蒸す

かぼちゃは皮、ワタ、種をとり、4cm角に切って、蒸気の上がった蒸し器で竹串がすっと通るまで強火で10分ほど蒸します。

蒸し上がったらボールにとってスプーンでよくつぶし、三温糖を加えてよく混ぜます。ゆるいようならお鍋に入れて火にかけ、混ぜながら水分を飛ばします。粗熱がとれたら5等分して手で丸め、ラップをかけ置いておきます。

2.白玉粉をこねる

白玉粉

蒸し器に入る耐熱性のボールに白玉粉を入れ、水を加えてゴムベラで粉気がなくなるまでよく混ぜ、次に砂糖を加えさらに混ぜます。

3.お餅を蒸す

お餅

蒸し器のフタをフキンで包み、蒸気の上がった蒸し器に、2をボールのまま入れ、強火で20分蒸します。

蒸し器から出したらヘラでよく混ぜ、片栗粉を振ったバットにのせ、上からも片栗粉を振り、5等分します。お餅を切るには、スケッパーが便利です。

4.仕上げ

包む

お餅を手の平で丸く伸ばし、かぼちゃ餡を中央にのせ、裏返してお餅の端を寄せるように集めて、口をつまんでしっかり閉じます。

並べた大福

バットに並べ、もう一度片栗粉を振り、手で包むように形を丸く整えます。シナモンパウダーを使って、お好みに飾りをつけます。

ワンポイントアドバイス

  • かぼちゃや白玉のお餅の蒸し上がりはとても熱いので扱いにご注意ください。
  • お餅を包むとき、お餅のまわりを薄くするように伸ばすと、破れずきれいに仕上がります。
  • 写真は箸の端にシナモンパウダーをつけて押しつけ、おへそを作りました。

関連記事

return top