おつまみ

焼きねぎま

焼きねぎま

ねぎまというと、長ねぎとマグロの煮たものや、焼き鳥などが思い浮かびます。

マグロを使ったねぎまは昔からある庶民の料理ですが、少し生臭さが気になり最近は敬遠されがちかもしれません。

そこでフライパンで焼いて、ソテー感覚のおかずとして食べましょう。きざみゆずと一味唐辛子をそえて、季節の風味も加えましょう。

材料(2人分)

  • マグロ(刺身用)…一柵(メバチマグロなどでもOK)
  • 長ねぎ…1本
  • サラダ油…小さじ2
  • しょうゆ…大さじ1.5
  • みりん…大さじ1.5
  • ゆずの皮…少々
  • 一味唐辛子…少々

作り方

1.長ねぎとゆずを切る

長ねぎは2cm長さに切り、ゆずの皮は細い千切りにします。

2.長ねぎを焼く

フライパンを熱してサラダ油を入れ、長ねぎを両面焼き色がつくように焼き、取り出します。

3.マグロを焼く

3のフライパンをやや強めの中火にかけ、両面をこんがり焼いて取り出し、火を止めます。少し粗熱をとり、2cm角に切ります。

4.調味料をからめる

4のフライパンの油をキッチンペーパーでふきとり、しょうゆとみりんを入れて火にかけ、中火で半量くらいまで煮詰めたら、長ねぎとマグロを戻し全体に調味料をからめます。

5.仕上げ

うつわに盛り、ゆずをのせ、一味唐辛子を散らします。

  • マグロを焼くときは火を通しすぎると、切るときに崩れてしまいます。調味料をからめるときにちょうど火が通るくらいに焼きましょう。お好みで少しレアにしても大丈夫です。
  • マグロを焼いたあとの油をふきとることで、生臭さも取りのぞきます。
  • 長ねぎはよく焼くと甘みも出てくるので、焦げ目がつくまでしっかり焼きましょう。
  • 串にさしてブロシェット風にしても楽しいです。