汁物

大根と油揚げのしょうが入りみそ汁

大根と油揚げの味噌汁

大根と油揚げはみそ汁としてはおなじみの具材ですが、最初に炒めて、仕上げにしょうがを加えることで、コクが増し冬向きの温かいみそ汁になります。

油は汁物が冷めにくくなりますし、しょうがは体を温める作用も。さらに大根を太めに切ることで、口に入れたときにより温かさが残ります。

材料(2人分)

材料
  • 大根…5cm(約150g)
  • 油揚げ…1/2枚
  • 太白ごま油(またはサラダ油)…小さじ2
  • 水…300cc
  • みそ…大さじ1.5
  • しょうが汁…小さじ1

作り方

1.大根を切る

切った大根

大根は繊維にそって、7〜8mmの拍子切りにします。

2.油揚げを切る

油揚げ

油揚げはさっと熱湯を通して水気を切り、7〜8mm巾に切ります。

3.大根と油揚げを炒める

大根と油揚げ

鍋に油を熱し、大根が透きとおってくるまで炒め、油揚げ入れてさっと炒めます。水を加え、大根が8分通りやわらかくなるまで煮ます。

4.みそを入れる

みそ

火を止めて鍋にみそを入れ、フタをして5分ほど置きます。この間にしょうがをすっておきます。再び火にかけ、みそを混ぜ、煮立ってきたらすぐ火を止めます。

5.仕上げ

しょうが汁

しょうが汁を入れ、お椀によそいます。

  • 具を炒めたみそ汁をつくるときは、油でコクが出るので、出汁でなく水で充分です。
  • みそを溶くのは、意外に面倒な作業です。仕上がる少し前にみそを入れ少し置いておくと、温かい汁の中でみそは簡単にほぐれますよ!
  • しょうがやにんにくをすり下ろすときは、下し金にアルミホイルを貼っておくと便利です。ホイルをはがすと、下し金には残らす、全部きれい取ることができます。