主菜

サーモンのソテー マンゴーサルサ添え

サーモンのソテー

活性酸素を除去する効果のあるアスタキサンチンや、脳にも体にもよい脂「DHA」と「EPA」を多く含み、世界的なブームになっている鮭を、メキシコやスペインでおなじみのサルサソースとあわせました。

サルサというとトマトを使ったものが代表的ですが、夏にふさわしく甘い香りのフルーツ、マンゴーを使い、見た目も味もエキゾチックな料理です。

材料(1人分)

材料
  • 生鮭の切り身…1枚
  • エキストラヴァージンオリーブオイル…1/4カップ
  • 生のローズマリー…10cmくらい
  • マンゴー…1/2個
  • ししとう…2本
  • 玉ねぎ…50g
  • ライムジュース…1/2個分(レモンでも可)
  • コリアンダー(バクチー)…少々
  • オリーブオイル…大さじ2
  • 塩…小さじ1/2
  • こしょう…少々

作り方

1.鮭をマリネする

マリネ中

鮭は流水でさっと洗い、水気をふきとります。ビニール袋に生鮭、オリーブオイル、ローズマリー1枝を入れ、空気を抜いて1時間ほど冷蔵庫でマリネします。

2.マンゴーサルサをつくる

マンゴーサルサ

ボールに1.5cm角に切ったマンゴー、ヘタと種をとりみじん切りにしたししとう、粗みじん切りの玉ねぎ、ライムジュースを入れ、オリーブオイルを注いであわせ、塩、こしょう、みじん切りのコリアンダーも加え、冷蔵庫で冷やしておきます。

3.鮭を焼く

焼いた鮭

マリネしておいた鮭は焼く15分ほど前に冷蔵庫から出します。フライパンを熱し、オリーブオイル大さじ2を入れ、マリネ液を切った鮭をローズマリーと一緒に焼きます。

片面にこんがり焼き色がつき、まわりが白くなってきたら返し、弱火にして少し焼き、お皿にとり出してホイルをかぶせ余熱で火を通します。

4.仕上げ

お皿にマンゴーサルサをしき、焼いた鮭をのせ、生のローズマリーを飾ります。

  • 今回はお刺身用の身の厚い鮭を使ったので、焼くときは返してから2分ほどで取り出しましたが、切り身などは厚さにより焼き加減を調整してください。火を通し過ぎて、身がパサパサにならないよう注意してください。
  • マンゴー、ライム、コリアンダーの組合せが、とても魅力的な風味を生み出します。ベーシックなトマト、またはお好きな野菜やフルーツを使い、オリジナルのサルサをつくってみてはいかがでしょうか。