副菜

菜の花と豆腐のナムル風

菜の花と豆腐のナムル風

春の野原を黄色く染めるかわいい菜の花ですが、食用のものはβカロテンや骨を丈夫にするミネラルもたくさん含んだ、栄養のある春野菜のひとつです。

韓国ではポピュラーな野菜料理のナムルに、豆腐をあわせてたんぱく質もたっぷり。見た目も白と緑で爽やかな一品です。

材料(2人分)

材料
  • 菜の花…1/2輪
  • 塩…小さじ1(ゆでる時用)
  • 木綿豆腐…1/2丁
  • 白ごま…小さじ1
  • ごま油…大さじ1
  • 塩…小さじ1
  • 糸唐辛子…少々(あれば)

作り方

1.菜の花を水に浸す

水に浸した菜の花

菜の花はシャキッとするよう、しばらく冷水に浸しておきます。

2.豆腐を水切りする

豆腐の水切り

豆腐をキッチンペーパーで包み、お皿などで重石をして15分ほど水切りし、手で大きく割っておきます。

3.菜の花をゆでる

茹でた菜の花

鍋にお湯を沸かして塩を入れ、はじめに菜の花の茎のほうをお湯に浸けてから全体をゆでます。茎をつまんでやわらかくなってきたら、冷水にとり、水をしぼって3等分に切ります。

4.仕上げ

和えた菜の花

菜の花をごま油、塩、白ごまで和え、さらに豆腐を加えてやさしく混ぜあわせます。うつわに盛り、糸唐辛子を飾れば完成です。

  • 菜の花などの葉野菜類は、しおれていると火が通りにくいので、ゆでるまえに冷水に浸し、シャキッとさせておくと手早くおいしくゆで上がります。
  • 和える時は、豆腐がくずれてしまわないよう、菜の花に味をつけてから、その味が豆腐にからまるように最後にくわえます。
  • 糸唐辛子をのせると、韓国料理らしくなります。ない場合は、あとで白ごまを上からふってアクセントにしましょう。