主菜

新キャベツとサバ缶のさっと煮

さばと春キャベツのさっと煮

生ではかさばってあまり食べられない新キャベツですが、火を通すとかさが減りたくさん食べられ、甘みも増します。

おかずが足りないとき、常備しているサバの水煮缶と煮れば、短時間で一品できあがり!

DHA、カルシウムもたっぷりです。しょうがも入れて、缶詰独特の臭みも消してしまいましょう。

材料(2人分)

材料
  • 新キャベツ…約200g
  • サバの水煮缶…1/2缶
  • しょうが…大ひとかけ
  • 水…1カップ
  • 酒・みりん・しょうゆ…各大さじ2

作り方

1.キャベツをちぎる

ちぎったキャベツ

キャベツのやわらかい部分は手で大きめにちぎり、芯は薄切りにします。

2.しょうがを切る

せん切りしたしょうが

しょうがは皮をむき、せん切りにします。

3.材料を火にかける

鍋に入れたキャベツ

キャベツ、しょうが、水分を切ったサバを大きめの鍋に入れ、水と酒を加えて強めの中火にかけフタをします。

4.調味料を加える

煮立ったキャベツ

煮立ってきたらフタをとり、みりんとしょうゆを加え7〜8分煮ます。調味料が行きわたるよう、途中1〜2度ざっくり混ぜ合わせます。

5.仕上げ

キャベツがクタッとしてきたらできあがりです。サバがくずれないよう、器に盛ります。

  • 新キャベツは水分が多いので、火を通しすぎて歯触りがなくならないようにしましょう。
  • サバはやわらかいので、煮ている間はこまかくくずれ過ぎないよう注意してください。
  • サバの臭みが気になる場合は、しょうがをすりおろして使うとよいですよ。