副菜

じゃがいもとキノコのガレット

ガレット

秋のテーブルにぴったりな、じゃがいもとキノコをまるく焼いた料理です。フランスでは薄くまるい料理を「ガレット」と呼びます。

キノコとガーリックの豊かな香りが、秋らしい深い味わい。寒い日の朝食やランチ、夕食の付け合わせと、サイドディッシュとしてさまざまなシーンに使えます。

ケーキのように取りわけてどうぞ!

材料(2人分)

材料
  • じゃがいも…中2個
  • しいたけ…2枚
  • 舞茸…50g
  • エリンギ…50g
  • にんにく…1/2かけ
  • 塩…小さじ1/2
  • 粗挽きこしょう…少々
  • オリーブオイル…大さじ2
  • パセリ…少々

作り方

1.キノコとにんにくの用意

割いたきのこ

しいたけは石づきをとり薄切りにします。エリンギは長さを半分に切り、舞茸といっしょに石づきをとって手で細めに割きます。にんにくは包丁の腹でつぶしておきます。

2.じゃがいもをおろす

おろしたじゃがいも

じゃがいもは皮のまま使うので、よく洗って芯をとります。1つは1/4をすりおろし、残りは太い野菜カッターでおろします。

3.じゃがいもとキノコをあわせる

じゃがいもとキノコ

ボールに1のキノコと2を入れ、塩とこしょうをして手で混ぜあわせます。

4.にんにくを焼く

にんにく

フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて火にかけ、フライパンを傾けて弱火でにんにくを色よく焼き、取り出します。

5.じゃがいもを焼く

焼いている所

4のフライパンに3を入れて広げ、フタをして中火で焼きます。底がきつね色に焼けて固まってきたら、一度皿にとり、返してもう片面もこんがり焼きます。

6.仕上げ

焼き上がったらお皿に移し、パセリと粗挽きこしょうをふりかけ、とっておいたにんにくを飾ります。

  • じゃがいもは包丁で切るよりも、野菜カッターで切ったほうが、中のでんぷんが表面に出やすいので、全体がくっつきやすくなります。また太いほうが、じゃがいもの食感と味がより活きます。
  • じゃがいもだけで作る場合は、すりおろしを入れなくても全体がまとまりますが、キノコを入れたのですりおろしを入れ、まとめやすくしました。
  • キノコはお好きなものをお使いください。