副菜

カリフラワーのピクルス

カリフラワーのピクルス

キャベツの仲間のカリフラワーはビタミンCが多く、風邪予防や疲労回復の効果があるので、寒い季節にはぜひ取り入れたい野菜のひとつです。

手に入りやすいスパイスをつかった浅漬けピクルスは、ちょっと野菜がほしいときにあると便利。白いカリフラワーにピンクのペッパーが映えるピクルスを、お友達へのプレゼントにもどうぞ。

材料

材料
  • カリフラワー…1/2コ分(約250g)

ピクルス液

  • 白ワインビネガー…150cc
  • 水…200cc
  • 三温糖…大さじ2
  • 塩…小さじ1.5
  • 白、黒、ピンクペッパー…各10粒ほど
  • ローリエ…1枚
  • にんにく…1かけ(薄切りにする)
  • 唐辛子…1本

作り方

1.ピクルス液をあわせる

ピクルス液

鍋にピクルス液の材料をいれて火にかけます。調味料がとけたら火からおろし、冷ましておきます。

2.カリフラワーをゆでる

カリフラワーを小房に分けます。お湯を沸かし、カリフラワーをさっと湯どおしして、ザルにあげ水気を切ります。

3.仕上げ

密閉袋かふた付きのガラスびんなどにカリフラワーをいれ、1のピクルス液をそそぎ、しっかりフタをして冷蔵庫に入れます。半日くらいから食べられます。

  • さっぱりめの味つけですが、お好みによって三温糖の量を加減してください。
  • カリフラワーのゆで時間も、やわらかいほうがお好きな方は長めにしてください。ただし崩れやすい野菜なので、あまりやわらかすぎないほうがよいでしょう。
  • ピクルス液はやや少なめですが、ガラスびんを逆さにして漬けておくと、口に近いほうから漬かるのですぐ食べたいときにはおすすめです。
  • 冬らしく野菜はカリフラワーだけにして、ピンクペッパーが目立つようにしましたが、にんじんやパプリカ、きゅうりなど、お好きな野菜をプラスしてください。