麺類

アクアパッツァ風フライパンパスタ

アクアパッツァ

アクアパッツァは魚介類をトマトやオリーブオイル、水などで煮込んだナポリ料理です。

家庭で気軽につくれるイタリア料理としておなじみですが、パスタをプラスして、メインと主食がフライパンひとつで食べられる簡単料理にしました。

魚介や野菜から出た煮汁をたっぷり吸って、パスタもより風味豊かになります。そのままテーブルに出して夏らしい彩りもお楽しみください。

材料(2人分)

材料
  • タラの切り身…2切れ
  • アサリ… 150g
  • トマト…大1個
  • ズッキーニ…1/2本
  • にんにく…大1かけ
  • オリーブオイル…大さじ3
  • 白ワイン…1/2カップ
  • 水…3カップ
  • 塩…小さじ1
  • バジル(またはイタリアンパセリ)…ひとつかみ
  • パスタ(太さ1.4mmのもの)…150g

作り方

1.魚介の下処理をする

魚介の下処理

タラは両面に軽く塩をして10分ほど置き、水洗いして水気をふきます(臭みをひき出すためなので新鮮な場合は不要です)。

アサリは洗って海水程度の塩水に10分ほどつけ、水出ししておきます。

2.野菜を切る

切った野菜

トマトはタテ半分に切ってから1cm弱の厚さに切ります。ズッキー二は5mmの輪切りにします。にんにくは芽があればとり、薄切りにしておきます。

3.パスタを折る

折ったパスタ

パスタはフライパンの中で煮やすいように、長さを半分に折ります。

※パスタはタラなどほかの材料と同じタイミングで火が通るよう、ゆで時間が6分の太さ1.4mmのものを選んでください。

4.タラを焼く

フライパンを熱してオリーブオイル大さじ1を入れ、タラの両面に軽く焼き目をつけます。あとでパスタを入れるので、フライパンは大きめのものを使いましょう。

5.ほかの材料を入れる

にんにく、アサリ、ズッキーニ、トマトを加え、白ワインを入れます。

煮立ってきたら水を加え、すき間にパスタをパラパラと固まらないように入れ、残りのオリーブオイルをまわしかけます。

6.フライパンの様子を見ながら煮る

パスタがくっついたり、煮汁から出て乾いてしまわないよう、時々様子を見ながらフタをして弱めの中火で6〜7分煮ます。

7.仕上げ

パスタがほぼ煮上がってきたら、塩で味を整え、ちぎったバジルの葉をちらします。

  • 切り身の魚を使いましたが、お頭つきのタイやスズキなどが手に入れば、ぜひお使いください。
  • トマトはプチトマトでもよいですし、ズッキーニはパプリカにしてもOKです。
  • ドライトマトやブラックオーブなどを加えれば、より本格的な味わいになります。
  • バジルは熱いと変色してしまうので、最後に散らします。イタリアンパセリでももちろんOKです。