豆乳クリーム入りスイート・パンプキン

スイート・パンプキン

秋になるとほっこりとしたかぼちゃが食べたくなります。切ると痛みやすいですが、丸のままのかぼちゃは保存に向き、置いておくと追熟して2ヶ月ほどはおいしく食べられます。

その色からもわかるように栄養豊富で、βカロテンやビタミンC、カリウムも多く含み、ガンなどの病気を防くだけでなく、アンチエジングの効果もある野菜です。

中にトロッとした豆乳クリームをつめ、さらにクリーミーなかぼちゃのお菓子になりました。

材料(カップケーキ型5~6個分)

材料

  • かぼちゃ…1/4個(種と皮を除いて約400g)
  • アーモンドパウダー30g
  • 三温糖…50g
  • 豆乳…大さじ1

【豆乳クリーム】

  • 豆乳…200cc
  • 葛粉…20g
  • ハチミツ…大さじ3
  • シナモン、ナツメグ…各少々
  • 飾りにナッツなど

作り方

1.かぼちゃに火を通す

蒸したかぼちゃ

かぼちゃは皮をそぎ落として3~4cm各に切り、竹串が通るまで蒸すか、水からゆでます。茹でた場合は、粉ふきいものように水を切ったあと、少し鍋を火にかけ水分を飛ばすと水っぽくなりません。

2.カボチャとほかの材料を混ぜる

材料を混ぜる

かぼちゃをフードプロセッサーで滑らかにつぶし、アーモンドパウダー、三温糖、柔らかさを見て豆乳を加えて混ぜ、さらにシナモンとナツメグもを混ぜます。

3.豆乳クリームをつくる

豆乳クリーム

豆乳と葛粉を小鍋にいれ、葛粉がとけるまでよく混ぜておきます。混ぜながら火にかけ、トロリとしてきたらハチミツを加え、透き通ってポッテリするまで練り、火から下ろして粗熱をとっておきます。

4.カップにつぶした豆乳クリームを絞りだす

カップにつめる

豆乳クリームと豆乳クリームは、それぞれ絞りだし袋に詰めておきます。カップケーキ型の底にかぼちゃを一段敷きつめ、次はカップのまわりにも積み上げるように絞りだします。

5.豆乳クリームを絞りだす

豆乳クリームを絞る

豆乳クリームの穴に、たっぷりと豆乳クリームを絞り入れます。

6.豆乳クリームをもう一度絞りだす

かぼちゃを絞る

豆乳クリームを隠すように、豆乳クリームをグルグルと絞りだし、頂点はすっと引き上げます。

7.仕上げ

仕上げのかぼちゃ

180度のオーブンで7~8分ほど焼くか、オーブントースターで焼き目をつけます。ナッツなどで飾ってください。

ワンポイントアドバイス

  • かぼちゃは水分に差があるので、水気を飛ばしてに調節してください。あまり水気が多いと、形がまとまりません。
  • カップにつめるときは、面倒に思えるかも知れませんが、絞りだし袋をつかったほうが、隙間なくキレイにつめられます。
  • 温かいままでも、冷たくしてもOKです。

関連記事

return top