マクロビオティック、まずは何から始めればいいの?

マクロビご飯

最近は外国のポップスターや映画スターがマクロビオティックを行っていることが広く知られることになって、マクロビオティックに興味を持つ人は本当に増えてきました。

特に、マクロビオティックはダイエットにも効果があるという話もよく聞くので、ダイエッターの中でも興味を持つ人は多いようです。

それではマクロビオティックを始めるとしてまず何をすればいいのでしょうか?これはいざマクロビオティックを始めようとした人が最初に感じる疑問でしょう。

皆が皆、マクロビオティックについてよく理解して実践するわけではありませんから、これはあって当然の話だと思います。それでは初心者向けのマクロビオティックを簡単に紹介していくことにしましょう。

マクロビオティック入門

マクロビオティックは理論あっての食なのでまずは理論について理解するのが一番いいのですが、この辺はややこしくなるので、すっとばして実践といきましょう。

ということで実践編「食」です。

食はまず動物性のモノ(特に肉)はあまり摂取しないようにして、無農薬や自然農法で栽培された穀物や野菜を中心とした食事を実践します。

献立としては玄米ご飯に野菜をメインとしたおかず、わかめのお味噌汁というような内容です。

口に入れるものは原則として、住んでいる土地の四季折々に採れるものを摂取し、食べ方もおかずの摂り過ぎ、玄米の摂り過ぎを避けるようにしましょう。

まずは、こんな感じで続けていけばマクロビオティックとは?というのも次第に分かってくるかと思います。最初からすべてを理解してというのは無理がありますし、必要もありません。

実践しながら感じて学ぶという手もありますし、その中で興味が湧くということもあります。

ですからまずはじめてみようという人は難しいことは抜きにして、体験してみる・実践してみるくらいで全然大丈夫ということなのです。

関連記事

return top