マクロビオティックが肉NGなワケ

肉

マクロビオティックは穀物と野菜を中心とした食生活法というイメージが定着しすぎていて、肉を食べないビーガン(ベジタリアン)のよに思われているようですが、決して肉を食べてはいけないというわけではありません。

誤解されている人も多いかと思いますが、マクロビオティックにおいて摂取してはいけない食べ物はありません。食べ過ぎないほうがいいというだけなのです。

ですから肉を避けた食事は無理だと敬遠しがちな人もいますが、これは大きな誤解なのです。

しかし、マクロビオティックでNG扱いされているのにはちゃんとした理由があります。

マクロビオティックで肉は何でNGなの?

現在では食卓には欠かせない肉類ですが、日本人が肉を主食として食べ始めてまだ100年足らずです。本来、日本は穀物の収穫量が豊富だったために穀物中心の生活を何千年と送っていたのです。

肉から摂取するタンパク質は人間の生命活動によって必要不可欠な栄養素ですが、動物性タンパク質は分解・吸収がされにくいので食べ過ぎると胃腸に多大な負担がかかってしまいます。

また穀物中心の食生活を送ってきた日本人は欧米人に比べて、分解・吸収能力が低いという性質もあるのです。それでは昔の日本人はどうやってタンパク質を摂取していたのでしょうか?

それは植物性タンパク質からです。

ですからマクロビオティックでは動物性タンパク質の過剰摂取を控えて、大豆やひよこ豆、小豆などの豆類や大豆発酵食品から植物性タンパク質の摂取が勧められているというわけです。

以上のように、マクロビオティックはベジタリアンのような動物愛護の見地から肉食がNGと言っているわけではなく、ちゃんとした健康上の理由があるのです。

しかし、急に肉をすべて抜いてしまうというのは無理があるという人も少なくないでしょう。

そういう人は急に肉を減らそうとするのではなく、陽性である肉を食べるときには陰性である野菜や調味料を組み合わせた食べ方を工夫するようにしましょう。

関連記事

return top