夏野菜の揚げびたし

揚げびたし

なすを代表として、色鮮やかな夏野菜は油と相性のよいものが多いです。揚げた野菜たちを出汁に浸し、味がしみた頃に食べるこの料理は、野菜がたくさん摂れ、揚げているけどさっぱり食べられて、見た目も楽しい一品です。

なすは定番ですが、ほかはお好きな野菜の組合せでお試しください。

材料(2~3人前)

材料

  • なす…2本
  • カボチャ…100g
  • パプリカ…1/2個
  • トウモロコシ…1/3本
  • インゲン…5~6本
  • 出汁…1と1/2カップ
  • 薄口しょうゆ…大さじ2
  • みりん…大さじ1と1/2
  • 酢…小さじ1
  • 赤唐辛子…1/2本

作り方

1.浸し地をつくる

浸し地

鍋に出汁、薄口しょうゆ、みりんを入れて軽く熱し、容器かうつわに移します。酢と輪切りにした赤唐辛子を加えます。

2.野菜を切る

切った野菜

なすはタテに6つに割り、カボチャは1cm弱の薄切り、パプリカは1cmの細切り、トウモロコシは2cmくらいの輪切りに、インゲンはヘタを落として半分に切っておきます。

揚げ油を熱している間に、なすを切ります。なすは早めに切るとアクが出て汚くなるので、最後に切りましょう。

3.野菜を揚げる

揚げた野菜

なすやカボチャから野菜を揚げていきます。カボチャは火を通しすぎると崩れてしまうので、竹串を刺してやっと通るくらいで引き上げます。

最後に彩りになるパプリカやインゲンをさっと揚げます。トウモロコシははねるので注意してください。

4.仕上げ

野菜を浸ける

揚げた野菜は軽く油を切り、浸し地に入れていきます。粗熱がとれたら冷蔵庫で30分~1時間ほど冷やします。

ワンポイントアドバイス

  • お酢を少し加えることで、さっぱりします。酸味が飛んでしまわないように、浸し地を火から下ろしたあとに加えてください。
  • オクラやズッキーニ、ししとう、にんじんなどもおいしくいただけます。オクラは切ると粘りが出てしまうので、切らずに使いましょう。ししとうはパンクするので、切れ目を入れて揚げてください。

関連記事

return top