なっトマゲッティ(納豆とトマトのパスタ)

納豆トマトパスタ

休日のお昼などにぴったりな軽い和風のパスタです。トマトは生のまま加えるのではなく、オリーブオイルとしょうゆでマリネしておくのがポイントです。

大葉やみょうがなど、夏の薬味野菜がますますおいしくなってきます。βカロテン豊富なトマトや大葉をたっぷり使って、免疫力アップでジメジメした季節を元気に過ごしましょう!

材料(2人分)

材料

  • 納豆…1~2パック
  • トマト…中2個
  • ロングパスタ…160〜180g ※1.4~1.6mmくらいの太さをお好みで
  • 大葉…大5枚
  • みょうが…1つ
  • オリーブオイル…大さじ1と1/2
  • しょうゆ…小さじ1
  • 塩…パスタの茹で汁に対して海水程度

作り方

1.薬味を切る

切った薬味

大葉とみょうがは長さ2cmくらいの千切りにして、それぞれ水に10分ほどさらし、水気を切っておきます。

2.納豆とトマトを用意する

納豆

納豆はよく混ぜ、パックについたからしとしょうゆがあれば、それで味をつけておきます。なければしょうゆで味付けしてください。

トマト

トマトは角切りにし、ボールに入れてオリーブオイルで和え、しょう油を加えて軽く混ぜ、冷蔵庫で冷やしておきます。

3.パスタを茹でて和える

和える

鍋にお湯を沸かして塩を入れ、パスタを茹でます。軽く歯ごたえが残るくらいに茹でたら、水を切ってボールに取り、冷やしておいたトマトを入れて和えます。

パスタを器に盛って納豆をのせ、上に大葉とみょうがの千切りをたっぷり添えます。

ワンポイントアドパイス

  • トマトをマリネする時は、まずオリーブオイル、次にしょうゆを加えてください。先にしょうゆを加えてしまうと、トマトの水分がたくさん出てしまいます。また冷蔵庫に長く置き過ぎないようにしましょう。
  • トマトでパスタを和えた時、水分が足りないようならパスタの茹で汁を少し加えてください。
  • 冷製に仕上げたい場合は、パスタは細めに。冷たくするとパスタは固くなるので、少し柔らかめに茹でてください。
  • パスタの材料の組合せは想像力次第です。納豆の代わりに素揚げしたなすなどもおすすめ。薬味も貝割れ、細ねぎ、大根おろしなど、お好みでパリエーションを広げてください!

関連記事

return top