秋野菜&ひじきの玄米ナシゴレン

玄米ナシゴレン

ナシゴレンとは、インドネシアの焼き飯のことです。今回のレシピは、旬の秋野菜を玄米とひじきで仕上げた和風ナシゴレンです。

ターメリックは別名:ウコンと呼ばれる植物です。肝機能改善の効果があるといわれ、マクロビオティックに良く使用される香辛料です。

材料

  • ごぼう、玉ねぎ、にんじん…各20g
  • かぼちゃ…50g
  • ひよこ豆…50g
  • 乾燥ひじき…5g(水に浸したもの10g)
  • 玄米(炊いたもの)…250g
  • ターメリック…小さじ1弱
  • カレー粉…小さじ1強
  • 塩、コショウ、しょうゆ…各小さじ1/2
  • オリーブオイル・・・大さじ2

作り方

1.下ごしらえをする

玄米はあらかじめ炊いておき、ひじきは水に20分程度浸して戻しておきます。ごぼうと玉ねぎは小さめのみじん切り、かぼちゃは1cm角に切ります。

2.野菜を蒸し煮する

手順1

火の通りにくいにんじん、かぼちゃ、ごぼうを水100cc(分量外)で蒸し煮します。(ふたをして中火で約5分)

3.材料を炒める

手順2

玉ねぎ、ひじき、ひよこ豆、オリーブオイルを加えて5分炒めます。

手順3

ある程度火が通ったら玄米を入れます。3~4分炒めたらターメリック、カレー粉、塩、コショウ、しょうゆ油で味を調えます。器に盛りつけて完成です!

コツ・ポイント

玄米は6時間以上浸水して発芽させた後、1.5倍の水で炊きました。残りものの玄米ごはんでもおいしく頂けます。

関連記事

return top