小松菜の中華風菜飯

小松菜の中華風菜飯完成

小松菜は一年中見かける野菜ですが、冬が旬の葉野菜です。みずみずしく肉厚の葉っぱは栄養たっぷり!ビタミン類やミネラル分が豊富で、風邪の予防や肌あれにも効果的、寒い日の献立にぜひ取り入れたい野菜です。

菜飯は普通塩味ですが、オイスターソースを加え中華風にすることで、ボリュームのある混ぜごはんになりました。中華のおかずやスープとご一緒にどうぞ。

材料

  • 米…2合
  • 小松菜…1/2把
  • オイスターソース…大さじ1
  • ごま油…小さじ2
  • 塩…小さじ1.5
  • 紹興酒(または酒)…大さじ1
  • 水…360cc
  • 炒りごま…大さじ1

つくり方

1.お米を炊く

お米を炊く

お米は研いで30分ほど水に浸し、ざるに上げ15分ほど水けを切っておきます。炊飯器にお米と同量の水を入れ、オイスターソースと紹興酒を加え、さっと混ぜて炊きます。

2.小松菜を切る

切った小松菜

洗った小松菜は先を落とし、茎は1cmほど、葉はタテに切れ目を入れてから2cmほどのざく切りにします。

3.小松菜を炒める

小松菜を炒める

フライパンを中火で熱し、ごま油を全体に回したら塩を加え、小松菜の茎を入れ炒めます。茎が少ししんなりしたら葉を加えて軽く炒め、炒りごまを混ぜ、早めにお皿などに取り出しておきます。

4.炊き上がったごはんにまぜる

小松菜を混ぜる

ごはんが炊き上がったら、炒めた小松菜を炊飯器の中で混ぜ合わせてできあがりです。

ポイント

  • お米にもち米を1割ほど混ぜて炊くと、おこわのような口当たりになります。
  • 小松菜以外にも、だいこんやかぶの葉、ちんげんさいでもおいしくできます。

関連記事

return top