カブと牡蠣の和風シチュー 白みそ仕立て

牡蠣とカブのシチュー

カブと牡蠣は冬の季節が一番おいしい食材同士の組合せです。白みそを加えた豆乳出汁でこっくりと煮たカブと牡蛎は、とろりとして優しい口当たり。

低カロリーでも栄養いっぱいのメニューで、お腹の底から温まり、風邪をやっつけましょう!

材料(2人分)

材料

  • カブ…中3個
  • 牡蠣…加熱用1パック
  • 大根おろし…1/2カップ
  • 昆布…5cm角
  • 水…300cc
  • 豆乳…200cc(成分無調整のもの)
  • 白みそ…大さじ3
  • てん菜糖…小さじ1
  • 酒…大さじ1
  • 柚子…すりおろして少々
  • 塩…適宜

作り方

1. かぶを切る

かぶを切る

カブは葉を3cmほど残して皮をむき、たて2つに切ります。切り落とした葉は、あとで仕上げに使うので、少しだけ刻んでとっておきます。皮をむく前に、茎の根元に包丁を入れておくと皮がむきやすくなります。

茎の根元に包丁を入れる

2. 牡蠣を洗う

牡蠣を洗う

牡蠣は大根おろしの中でヒダの間まで丁寧によごれを洗い、次にたっぷりの海水くらいの塩水でよく洗い、ペーパータオルで水気をよく切っておきます。

牡蠣の水けを拭く

3. カブを煮る

かぶを煮る

お鍋にカブ、昆布、水を入れ、中火にかけてふたをし、煮立ってきたらふたをとり、弱火で煮ます。途中アクが出てきたら取り除いてください。

4.牡蠣を湯通しする

片栗粉をまぶす

別の鍋にお湯を沸かしておき、牡蠣全体に薄く片栗粉をまぶし、10秒ほど湯通ししてザルにあげておきます。(お湯はあまりグラグラ沸かさないようにしてください)

牡蠣を湯通しする

5.豆乳を入れて煮込む

kabustew-shiage

カブに7分通り火が通ったら、豆乳、酒、てん菜糖、白みそを加え、煮立ったら牡蛎も加え弱火にして煮汁がとろっとするまで10分ほど煮込みます。

味をみて薄いようでしたらお好みで塩を加えてください。強火でグラグラ煮込むと豆乳が分離するので気をつけましょう。

6. 仕上げ

カブと牡蠣をたっぷりの煮汁とともに器に盛り、刻んだカブの葉を飾り、柚子の皮のすりおろしを散らします。

ワンポイントアドバイス

  • カブはすぐ柔らかくなるので、煮過ぎて煮くずれないよう注意しましょう。
  • 牡蠣は大根おろしで洗うと、みるみるうちに汚れが取れ、大根おろしがグレーになります。
  • このシチューは白みそと牡蛎にまぶした片栗粉で、十分なとろみがつきます。バターや生クリームなどを使わないないので、胃の負担にもなりません。

残ったカブの葉の活用法

カブの葉が残ったら、炒め煮、浅漬け、みそ汁の具など、新鮮なうちに活用しましょう。葉の部分はβ−カロテンやビタミンCを豊富に含み、この時期風邪予防にも最適です。

また、残ったカブの葉を塩ゆでして水にさらし、水気を切って細かく刻み塩と炒りごまを混ぜラップで小さなボールに包んで冷凍しておくと、簡単な菜飯の素になります。

炊きあがったごはんに凍ったまま入れ、解凍したら炊飯器の中でごはんに混ぜ込むと、簡単に菜飯ができます。

関連記事

return top