ゴーヤとツナのレモン酢和え

ゴーヤとツナのあえ物

初夏から夏にかけては紫外線がどんどん強くなってくる季節。お肌のへの影響が気になりますね。夏の強い味方といえば、ビタミンCたっぷりのゴーヤです。レモン酢で和えると、さっぱりと召上がれます。

苦みもあまり強くないので、ゴーヤの栄養をモリモリいただきましょう!

材料(2人分)

材料

  • ゴーヤ…1/2本
  • 塩…小さじ1
  • ツナ(缶詰)…小1/2缶
  • レモン…1/4個
  • 酢…大さじ1
  • 三温糖…小さじ2
  • 塩…小さじ1/4
  • 水…大さじ2

作り方

1.ゴーヤの準備をする

切ったゴーヤ

ゴーヤは種をとり、小口から2mmほどの薄切りにします。ボールの中で塩をふり、水気が出るまで10分程置いておきます。

2.合わせ酢をつくる

レモンは絞り、酢、三温糖、塩、水を合わせ、よく混ぜておきます。

3.仕上げ

水気が出たゴーヤを軽く水で洗い、よく水気を絞ります。ゴーヤとほぐしたツナを合わせ酢で和え、器に盛ってレモンを飾ります。

ワンポイントアドバイス

  • 塩をしたゴーヤは、水気を絞るだけでなくさっと水洗いすることで、余分な塩分や苦みもとれ、さっぱりいただけます。
  • 酢の物の合わせ酢が酸っぱいと思うことがありますが、水やだしで飲めるくらいの味に薄めると、のどごしも爽やかにおいしく食べられます。

関連記事

return top