大根とたくあんのサラダ

大根とたくあんのサラダ

大根は冬野菜の代表!寒い時期はよりみずみずしく、甘みも増しておいしくなります。そんな大根と従兄弟?のたくあんを合わせた千切りサラダです。

たくあんの塩味だけで食べられ、柚子やゴマの香ばしさも楽しめます。付け合わせにもぴったり。シンプルで大根がたっぷり食べらる一品です。

材料(2人分)

材料

  • 大根…7~8cm
  • たくあん…5cm
  • 大葉…2枚
  • 柚子の皮(薄くそいだもの)…5cmほど
  • 炒りごま…小さじ1

作り方

1.大根を切って水にさらす

大根を切る

大根は皮をむき薄い輪切りから千切りに、大葉もたて半分にして千切りにし、一緒に5分ほど水にさらしておきます。

大根を水にさらす

2.たくあんを切る

たくあんを切る

たくあんも薄い輪切りから千切りにします。

3.大根の水をきる

水をきる

大根をザルにあげてよく水気を切ります。野菜の水切り器を使ってもよいですし、キッチンペーパーやクロスで揉むようにしても水分がよく取れます。

4.仕上げ

daikonsarada_5

大根にたくあんの千切りをざっくり混ぜ、器に盛って炒りごまと細く切った柚子を散らします。

ワンポイントアドバイス

  • 大根もたくあんも、繊維を切るような千切りにしたほうが食べやすいです。
  • たくあんの塩気で、このままでも召し上がれます。味が足りない時は塩を少し(入れ過ぎると塩分過多になるのでご注意を)。ドレッシングなどを使うよりも、ごまや柚子など素材の香りが楽しめます。

たくあんについて

たくあんは、なるべく無着色のものを使用しましょう。大量生産される市販のものは黄色4号など合成着色料を使用しているものが多いです(なかにはウコンなど天然着色料を使用したものもあります)。

黄色4号は、石油製品から作られるタール色素の一つで、大量摂取するとアレルギー症状や染色体異常の疑いが指摘されています。

合成着色料が使用される目的は「ただ見た目を良くするため」。無着色のものと合成着色料を使用したものは、何ら味に変わりはありません。なので、健康のことを考えるなら原料をしっかり確認して無着色のものを選びましょう。

関連記事

return top