エビとニラのキャンディ春巻き

キャンディ春巻き

春のニラはやわらかくて、栄養たっぷり!ニンニクとおなじくアリシンという物質を多く含み、疲労回復や生活習慣病にも効果があるそうです。

端をキャンディのようにキュッとひねり細めにまいた春巻きは、海老のピンクとニラのグリーンがのぞき、春らしくかわいい色合いです。ビールのおつまみにもピッタリの、軽やかでちょっとエスニックな春巻きです。

材料(10本分)

材料

  • エビ…7~8尾(バナベイ海老など)
  • 酒…大さじ1
  • 塩…小さじ1/3
  • コショウ…少々
  • 片栗粉…小さじ1
  • ニラ…1/4束
  • 小麦粉、水…各大さじ1
  • 春巻きの皮…5枚(四角いものを三角に切って10枚分使います)
  • 揚げ油…適宜
  • パクチー…少々(あれば)

スイートチリソース

  • お酢…大さじ1と1/2
  • 三温糖…大さじ1
  • 塩…少々
  • 赤唐辛子…1/2本
  • ニンニク…少々

作り方

1.スイートチリソースと、春巻きをまく時の糊をつくる

お酢、三温糖、塩、細かくみじん切りにしたニンニク、半分に切って種をとり細い輪切りにした唐辛子をうつわに入れ、三温糖が溶けるまでよく混ぜておきます。小麦粉は水で溶いておきます。

2.エビの下処理をする

片栗粉をまぶしたエビ

洗ったエビは殻をむいて背わたをとり、片栗粉(分量外)をまぶしてよくもんでおきます。片栗粉をまぶすと余分な水分がぬけ、エビのプリプリ感が増します。少し置いてから片栗粉を洗い流し、水気をとっておきます。

3.春巻きの具をつくる

春巻きの具

ニラはさっと洗って1.5cmくらいのざく切りにします。エビも1.5cmくらいに切り、包丁の背で軽く叩いておきます。エビをボールに移し、酒、塩、コショウで下味をつけ、よくもみ込み片栗粉をくわえ全体にあわせます。

ニラはしんなりしてしまうので、皮に巻く直前にエビに混ぜあわせます。

4.皮で具を巻く

春巻きに具をのせる-noseru

春巻きの皮を1枚ずつはがし、具を巻くまでビニール袋にいれるか濡れふきんをかけておきます。長い辺が下になるように皮を置き、10等分した具を底辺の中央に細長くおきます。

具の両側にタテに小麦粉の糊をぬり、細くまき、上の三角に糊をぬって巻き終わり、具の両端をキャンディのようにひねっておきます。

巻いた状態

5.春巻きを揚げる

フライパンに揚げ油を150度くらい低温に熱し、春巻きを半分いれます。1~2分したら返し、油の温度を180度くらいの高温に上げ、少し色づき軽くなってきたらキッチンペーパーにとります。残りも同じように揚げます。

6.仕上げ

春巻きをお皿に盛り、パクチーとうつわに入れたスイートチリソースをそえます。

出来上がり

ワンポイントアドバイス

  • エビはプリプリ感を残すよう、軽く叩きます。
  • 春巻きは低温からゆっくり揚げると、具と皮の水分がよく抜けて、時間がたっても皮がパリッとします。
  • 春巻き1本に半分の皮をつかっているので、普通の春巻きより細く軽く仕上がり、フィンガーフードとしても最適です。皮の両端をひねることで、具が外へ出ず、余分な油も中にはいりません。
  • エスニック感覚の春巻きなので、ぜひスイートチリソースとパクチーで召し上がってみてください。

関連記事

return top