ブロッコリーは各種ビタミンやミネラルが豊富な万能野菜!

ブロッコリー

近年ブロッコリーが食卓に上るのは珍しいことではなくなってきましたが、今のようになじみの食材となったのは本当にごく近年のことなのです。

ブロッコリーはイタリア原産の野菜で、キャベツを品種改良したものです。

そして、このブロッコリーがヨーロッパ各国で食べられるようになったのが第二次世界大戦後の話ですから、日本で今のように食べられるようになったのがいかにごく近年であるかお分かりいただけるかと思います。

そしてこのブロッコリーの注目すべき点は、実に多くの栄養を含む万能野菜であることです。

ブロッコリーに含まれる栄養素には、ビタミンCをはじめとして、ビタミンAやビタミンB2、葉酸、ビタミンK、カリウム、クロム、ビタミンU、インドール化合物、スルフォラファン、フラボノイドなどがあり、一度に各種ビタミンとミネラルを広範囲に賄うことができる野菜として知られています。

注目すべきビタミンCの効能

そしてブロッコリーは美容成分としても注目されているビタミンCの含有量が特に優れており、その量はキャベツの3~5倍にも上ります。

ビタミンCには、活性酵素から各細胞を守って老化を防いだり、たんぱく質や鉄と結合してコラーゲンを生成して健康な肌を作り上げるはたらきがあります。

また、メラニン色素の生成を抑えてシミやそばかすの予防や改善をしたり、皮脂分泌を抑制して毛穴の広がりを抑えてくれます。

さらに優れた抗炎症作用を発揮し、体内のさまざまな代謝を促してくれます。

ですから、ビタミンCが不足すると肌トラブルが頻繁に発生するだけでなく、抗酸化作用を失い、老化が進むことになるのです。

また、深刻なビタミンC不足となるとビタミンC欠乏症となり、コラーゲン生成が満足に行えなくなることで、血管が弱くなって身体のいたるところで血管が破れて出血を起こす壊血病を発症することも考えられます。

以上のように、いつまでも若々しく健康に過ごしていくためには、ビタミンCが豊富に含まれるブロッコリーは欠かすことができない食材というわけなのです。

関連記事

return top