カキとほうれん草のオイスターソース炒め

カキとホウレン草

カキは「海のミルク」といわれるほど、栄養豊富な海の幸です。

特に味覚障害を予防する亜鉛や、疲労回復に効果があるタウリンが多く、緑黄色野菜の代表でもあり、冬にビタミンCが増すほうれん草とあわせ、疲れの出やすい年末に、ぜひ召上がっていただきたい一品です。

オイスターソースのコクで、食事もすすみますよ!

材料(2~3人分)

材料

  • カキ(加熱用)…10粒ほど
  • ほうれん草…1/3輪
  • ニンニク…1/2かけ
  • しょうが…ニンニクと同量
  • 小麦粉…大さじ3
  • 塩(カキの下処理用)…適宜
  • 塩(下味用)…小さじ1/2
  • こしょう(挽いたもの)…少々
  • サラダ油…大さじ1と1/2

合わせ調味料

  • オイスターソース…大さじ1
  • 紹興酒(または日本酒)…小さじ1
  • 水…小さじ1
  • しょうゆ、三温糖、ごま油、片栗粉…各小さじ1/2

作り方

1.カキを洗う

洗ったカキ

カキは海水程度の塩水で、黒い汚れが出なくなるまで水を2~3回替えて洗います。ヒダの中に汚れが隠れているので、ひとつずつ丁寧に洗ってください。最後に真水ですすぎ、ペーパータオルでよく水分を取っておきます。

2.ほかの材料の下処理

ほうれん草

ほうれん草は洗って水を切り、5cm長さのざく切りに、ニンニクとしょうがは薄切りにします。

3.合わせ調味料を作る

合わせ調味料

ボールで合わせ調味料の材料をよく混ぜておきます。

4.カキに小麦粉をまぶす

小麦粉をまぶしたカキ

カキに塩・こしょうし、小麦粉を入れたビニール袋に入れ、ふくらませて口を閉じ、上下左右にふって全体にムラなく小麦粉をまぶします。袋から出し、余分な粉は除いておきます。

5.カキを焼く

フライパンのカキ

フライパンに中火でサラダ油大さじ1を熱し、ニンニクとしょうがを炒め軽く香りが立ったら、カキをひとつずつ手早く入れ、両面に焼き色をつけ取り出しておきます。火の通りは7分ほどです。

6.仕上げ

炒めているところ

フライパンにサラダ油大さじ1/2を足し、ほうれん草の茎を入れ、次に葉を入れさっと炒めます。

ほうれん草に火が通らないうちにカキをフライパンに戻し、合せ調味料を加えて全体を合せ、調味料が絡まったらこしょうを挽き、お皿に盛りつけます。

ワンポイントアドレス

  • 粒が大きい加熱用のカキでも、火を通し過ぎると縮んでしまいます。カキが縮まず、ほうれん草がくたっとし過ぎないよう、手早く仕上げましょう。
  • ほうれん草の代わりに、小松菜やチンゲンサイでもOKです。

関連記事

return top